【C93・擬人化王国16新刊】三千世界の鴉と共に 第1話

 

2017/12/31(日) COMICMARKET93発行
2018/02/25(日) 擬人化王国16完結

今回からようやく長州編に移ります。
が、前作と比べて史実描写をかなり削ってファンタジー路線に振り切ってるので、
土佐編とは全く別の話だと思って読んで頂けたら嬉しいです。

注意事項としては、

  • 分かりにくいよ!!
  • 幕末何も知らない人向けの内容ではないよ!!
  • その割に史実描写も少ないのでこれもうわっかんねぇよ!!!!!
  • 刀知識はあってもなくても読める…はず!!!

つまりある程度幕末知っててなんでも許せる方向けです。
なんてひどい漫画なんだ。
大丈夫な方はどうぞ。

【主な登場人物】(人物じゃない)

既刊「刀剣勤王維新録」より抜粋

 

本編

 

…という話でした。
何がやりたかったのかというと「銘とか刀派とか本物か贋作かとか、それだけで刀の価値は決まらないぜ!!」と言いたかっただけの話でしt……鯛刀はいいぞ。
当初のネームではもうちょっと高杉や山縣の出番を増やし、功山寺挙兵に至るまでの経緯も描いていたのですが、「これ話の本筋と関係ないよね?」と言われそこらへんの描写をがっつり削ったのですが、結果的に高杉の出番が減ったことによって貞也の内面がいまいち伝わりづらくなってしまいました…反省。
これやっぱり削る前の方が面白かったんじゃね…???

他にも反省点をあげればきりがないのですが、作画だけは頑張りました(こなみ)
あと色んな方から素狂が可愛いと言って頂けてそれだけで私は嬉しいです。

功山寺挙兵の段階では銃を使うことに抵抗を持っている素狂ですが、
今回の話をきっかけに近代兵器の可能性に気付いてもらえるよう今後の展開で誘導していきたいところです。

 

キャラ紹介はこちら

付喪神って何?

もっと詳しいキャラ紹介はこちら