【キャラクター】肥坂忠江

前蔵の兄。弟に非常に似た顔をしておりよく間違われるが、彼とは全く別の刀で本人との面識はない。
龍馬の兄・権平の秘蔵刀として坂本家に所蔵されていたが、脱藩する龍馬に姉・乙女がこっそり持ち出し渡したと言われる。
しかし道中で路銀に悩んだ龍馬に拵えを売られ、その後は紙に包んで持ち運んでいたという。
このことから拵えを持たず、襦袢を普段着にしている変わり者。

陸と共に幼少期から龍馬を見守っており、脱藩の道中でも何かと龍馬のことを気にかけていたが、
拵えがない状態では刀身も傷み、日に日に霊力が弱っていく。やがて龍馬の目にも映らなくなり、
当の龍馬も「気付いたらいつの間にか刀身ごといなくなっていた」という状況だった。
しかし忠江本人は龍馬を恨んではおらず、本人が無事ならそれでいいと思っているため、
消滅する際もこれといった悔いはなかったようだ。

この付喪神と話す

※クリックでミニゲームが始まります。
音楽が流れますので音量にご注意ください。

BGM→FICUSEL様「黒硝子」