【キャラクター】兼関四十郎

金にがめつく噂好きのお調子者。
元々は長州藩士・杉孫七郎が所蔵していたが、
英国密航から帰ってきた井上が刀を持っていなかったことを心配し、杉から井上へ贈られた。
その後元治元年9月に井上が遭難した際も応戦した実績があり、
身体のいたるところに傷跡が残っている。
その気になれば刀身を研ぎ直して貰うことで治癒することも可能だが、
本人の意向により当時のままにしている。

春とは同郷の幼馴染。
何かと深く思案しがちな春とは対照的に、考えるより先に手が動くタイプ。
それゆえにバランスの良さを保っており、実戦では安定した連携プレーを発揮する。

現在は静岡市埋蔵文化財センターに所蔵されており、2015年10月には光景と共に展示されていた。

この付喪神と話す

※クリックでミニゲームが始まります。
音楽が流れますので音量にご注意ください。

BGM→煉獄庭園様「陽気なマフィア」